頭で学んで人を愛する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁120に、『心の構造は、ダイヤモンドと石ころとイミテーションに譬えることができる。

 

愛や感謝、プラス思考を知識として学ぶのは、イミテーションである。

 

人を愛そうと思っても、どうしても憎んでしまう本質が、石ころである。それに対して、真我は本当の愛、感謝、プラス思考そのものであり、それがダイヤモンドなのである。

 

もし、目の前のテーブルの上に、ダイヤモンドと、本物そっくりのイミテーションと、石ころを並べておいたら、あなたがダイヤモンドだけをとる時に、一番邪魔になるのは何だろう。

 

それは、イミテーションなのだ。

 

頭で学んで人を愛し、人に感謝するのは、本物の愛でも感謝でもないのだ。

 

真我に目覚めたら、愛さずにはいられない、感謝せずにはいられなくなるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170630222335j:plain

 

一番邪魔になるのは、イミテーションで、頭で学んで人を愛し、人に感謝するのは、本物の愛でも感謝でもないのだね。

 

頭の中で固定化した良い考えや教えに基づき、「この場合は、こうすべきだ」「それは、そうしなくては」と言うような発想になってるのは、イミテーションになる。

 

これは、自分にインプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまっている。

 

頭に多くのものをインプットすればするほど、インプットされたものの間で矛盾が生じて、動くことができなく、苦しくなっていくね。

 

自分の外側のイミテーションではなく、自分の内側のダイヤモンドに意識を向けることで、囚われていた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)を手放していく。

 

重かった気分が軽くなって、行動もスムーズになっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会