心のゴミは出せば消える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁44に、『家にある生ゴミを、汚いからといって、押し入れにいれて、そのまま放置しておくと、一見片付いたように見えて、やがて発酵して強い臭いを発する。

 

そして、まず家の中、つまり自分がその臭いの影響を受ける。

 

やがて、その臭いが近所までとどいて他人に迷惑をかける。嫌な経験、という心のゴミも、見たくないからといって、心の奥に押し込んで忘れてしまうと、ゴミが臭いを発するが如く、その影響が体に負担をかけ、嫌な気分や病気として現れたり、正確に現れて他人に迷惑をかけ、根本解決にならない。

 

忘却は解決に繋がらないのである。

 

ゴミは捨てるときは臭って嫌な気分になるが。

 

心のゴミも、出せば消えるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170719194054j:plain

 

嫌な経験、という心のゴミも、見たくないからといって、心の奥に押し込んで忘れてしまうと、ゴミが臭いを発するが如く、その影響が体に負担をかけ、嫌な気分や病気として現れたり、正確に現れて他人に迷惑をかけ、根本解決にならないのだね。

 

心の中が、想念や妄想でゴチャゴチャして混乱していると、心のゴミは消えない。

 

偽我 : 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(見える自分)

 

真我 : 誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(見えない自分)

 

潜在意識が自分はこのような人間だと思い込んでいる自己像を、セルフイメージと言うそうだけど、セルフイメージを下げる思いが湧き上がってきたら、その思いに意識を向けない方が良いね。

 

向けると、その思いが膨らんでしまうから。

 

そうではなく、あっ今、偽我に意識が向いているなと気づくことで、真我に意識を向けなおす。

 

「私なんて・・・」「こんなにやったとしても・・・」「どうせ・・・」などと、セルフイメージを下げる思いが湧き上がってきたら、真我に意識を向けなさいよと言う合図だと解釈すると良いね。

 

心のゴミは消そうとしても消えず、偽我の自分が、心のゴミを意味出しているのだから、心のゴミを相手にせず、それを利用して、真我に意識を向け続ける。

 

その結果として、心のゴミが消えていき、心の中が澄みきっていく。

 

そうなると、エネルギーの消耗が無くなり、エネルギーが満たされていくことで、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会