執着したものを自然に手放せる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁82『よく、執着を手放せと言うが、そう簡単に手放せるものではない。

 

強引に手放そうとすると、同時に大きな抵抗が生まれ、より執着してしまうのだ。

 

そうではなく、執着して握っているモノよりも、もっと価値のあるものを発見できたら、自然と握っていものを手放せるのである。

 

モノやお金にどれだけ執着したところで、自分の命には代えられない。

 

人が、命そのものでもある「真我」に目覚めるとき、その大いなる愛そのものの喜びの体験をし、「お金もモノもプライドも、全て真我の代替品を追い求めていたに過ぎなかった」ということに気付き、執着していたものを自然に手放せるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170805170210j:plain

 

執着して握っているモノよりも、もっと価値のあるものを発見できたら、自然と握っていものを手放せるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分にインプットされている基準に従い価値の判断をするので、執着しているものを手放せない。

 

執着しているものを手放すためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、自分にインプットされていた基準が薄れていく。

 

こうしなければとか、ああしなければとか言う拘りが無くなっていき、一瞬、一瞬のその場での対応が、自然に適切なものになってくる。

 

作戦ではなく、自然な流れに身を任すことで、軽やかに生きることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会