はずれたときの感覚:頁182〜183

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁182〜183に、『しかし、思いと一体になっているとき、それが、今にいないといわれても、そう考えているのが今であり、瞑想をしたことのない人には、何のことかわからないかもしれません。

 

それは、はずれたときの感覚であり、そこではじめて今までが不自然だったと気づくことができるのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまうので、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い生き方になってしまう。

 

また、心の中の混乱によるエネルギーの混乱が、体の歪みを生じさせていく。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなることで、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自分でも気づかなかった体の歪みが、どんどん元に戻っていき、そのことを通じで、自分は自分で生きていているのではなく、自分は宇宙に生かしていただいている存在なのだと思えてくる。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていく。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

YSブログ研究会