教えしか頭に浮かばない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46に、『心の世界を学ぶ人の中には、心をコントロールされてしまう人がいる。

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことである。

 

そして、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態である。

 

その結果、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのである。

 

これに対して真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心である。

 

あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能なのである。

 

親は子どもを可愛がるのは、宇宙の本能なのである。

 

真我の心を出していくことと、マインドコントロールされることとは、全く正反対なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170524192342j:plain

 

真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心で、あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能なのだね。

 

頭にインプットした教えからの発想ではなく、もともとある愛の心からの発想で生きることが、宇宙の法則に従うことになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭で考えながらの損得勘定の動きになる。

 

こうなったらとか、ああなったらとかの条件付きの喜びを追い求め続ける人生となってしまう。

 

しかし、それは本当の喜びではなく、感覚的な喜びであり、一過性のものになるね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、もともとある愛の心に気づいていく。

 

その愛の心は、無条件の喜びであり、それは途切れない。

 

そこからの発想で生きることで、人生は素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会