泥沼に咲く蓮の花

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁64に、『蓮は、泥沼の中に花を咲かせる。

 

泥沼の中に咲くからこそ、蓮の花はきれいに見えるのである。

 

人は、世俗の苦しみの中で生きている。

 

しかし、その中にこそ、本当に悟れるチャンスがあるのだ。

 

泥沼があったからこそ、蓮の花が大きく咲くことができたと捉えると、泥沼さえも肯定することができるのだ。

 

泥沼も、蓮の花が咲くのに必要だったのである。

 

世俗の苦しみは、決して悪いことではないのだ。

 

苦しみや悩みがあったからこそ、悟りを得ることができたとすれば、その苦しみも必要なことだったと捉えることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170602222336j:plain

 

泥沼があったからこそ、蓮の花が大きく咲くことができたと捉えると、泥沼さえも肯定することができるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に意識が向いて、そこからの発想で生きていると、悩みや苦しみが生じてくる。

 

その悩みや苦しみは、どこから生じてくるのかを見つめてみる。

 

悩みや苦しみがあっても、それは偽我の自分であり、本当の自分(真我)ではないと捉え、それを貫き通していくことで、いろいろなことに気づくことができるね。

 

自分は自分で生きていたと思い込んでしまっていたと気づくことができ、自分は宇宙に生かされている存在なのだとしか思えなくなってくる。

 

そこからの発想で生きる、宇宙にどうか自分を使ってくださいと言うような感じで行動することで、周りと調和して、物事がスムーズに行くようになるね。

 

仮に不安になったら、意識が偽我に向いていると捉えて、直ぐに意識を切り替え、真我に意識を向ける。

 

まあ、なんとかなると思えるようになってくる。

 

その結果として、物事がスムーズに行くのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会