人生全体で捉える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁76に、『真我を開いた後、良いと思われることも、悪いと思われることも起こるかもしれない。

 

良くなれば喜び、悪くなると落ち込んだりするが、そういう目先の出来事で捉える生き方は、そろそろ卒業すべきだ。

 

良い時と悪い時が繰り返して人生には訪れてくるのだが、全体像を見れば、確実に上に上がっているのである。

 

あなたが真我を開いていけば、昔の絶頂期よりも、今の落ち込んだ時の方が高い可能性があるのだ。

 

だから、目先の良い悪いではなく、人生全体で捉えることが。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170608190746j:plain

 

良くなれば喜び、悪くなると落ち込んだりするが、そういう目先の出来事で捉える生き方は、そろそろ卒業すべきなのだね。

 

良くなって喜んでいる時に、この喜びはどこから来ているのかを見つめてみる。

 

突き詰めていくと、そうなると喜べると思い込んでいただけのことに気づけるかもしれない。

 

逆に、悪くなって落ち込んでいる時に、この落ち込みはどこから来ているのかを見つめてみる。

 

突き詰めていくと、そうなると落ち込むと思い込んでいただけのことに気づけるかもしれない。

 

結局、良いも悪いも分からなくなり、自分の中の囚われているものが少なくなっていけば、そのような喜びや落ち込みも少なくなり、目の前の現象に振り回されなくなる。

 

心の中の想念や妄想に対しても、徹底して俯瞰して見続けると、いろいろな気づきが生じてくる。

 

想念や妄想に反応してしまうと、想念や妄想が膨らんでしまい、エネルギーが消耗してしまうので、徹底して俯瞰して見続ける感じで、手放していくことで、想念や妄想が静まっていく。

 

どんどん静まっていくと、エネルギーが消耗しなくなり、エネルギーが満ちてくることで、もともと豊かな自分に気づいていくことができるね。

 

そこからの喜びは、無条件のものであり、永続的であり、そこからの発想で物事を捉えることで、人生は素晴らしくなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会