誰ともぶつからない無敵の世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁92『人はなぜ苦しむのか、なぜ悲しむのか、なぜ辛いのか、なぜ病気になるのか・・・。それは、障害物があるからだ。

 

自分の考えと相手の考えが違うから、人とぶつかるのだ。

 

生きていた環境、家柄、宗教や思想、人種や肌の色がみな違う。

 

そういった人との違いを見ていくと、ぶつかり合いはなくならない。

 

しかし、みな命としては一つだと、みな仲間だと悟った時、ぶつかり合いはなくなるのだ。

 

どんな環境にいようが、素晴らしい人生だと悟った時、ぶつかり合いはなくなるのだ。

 

ちょうど、一切の障害物がない大草原を、ブレーキを踏まず、アクセルだけでクルマを走らせるようなものだ。

 

みな一つ、みな愛だと悟った時、誰ともぶつからない無敵の世界になるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170616214920j:plain

 

みな一つ、みな愛だと悟った時、誰ともぶつからない無敵の世界になるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、肉体という個体をベースに発想してしまうので、意識が低いままで留まってしまう。

 

自分が囚われている基準(価値観、先入観、思い込み、拘りなど)で、自分や相手を裁き続けることになるので、エネルギーが消耗するばかりで、自分が満たされない。

 

その満たされない不足感を補うために、自分の外側の刺激を求め続けることになる。

 

例えば、無性に旅行に行きたくなったりとか、買い物をしたくなったりする。

 

そのことによって、バランスを取ろうとしているのだね。

 

しかし、自分の外側の刺激では、自分は満たされない。

 

自分を満たすためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

心は揺れ動けば揺れ動くほど、エネルギーを消耗するので非常に疲れる。

 

だから、いかに心が揺れ動かないようになるかが大切で、そうなることでエネルギーの消耗が無くなるので、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

常に豊かな自分で在り続けることで、物事の捉え方が素晴らしくなっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会