生きているうちに生まれ変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁100『幼虫が大きく育つのが成長であり、サナギが蝶になるのが脱皮である。


今までの考え方、生き方で人生を終わらせるのが良いのか。


それとも、大きく生まれ変わって、人生二度生きるのが良いのか。


これからは、成長よりも脱皮が必要な時代である。


人類の新しい生き方は、脱皮をするという生き方である。


脱皮とは、生きているうちに生まれ変わるということだ。


今までとは価値観が全く変わるということである。


今までの人類は、金やモノばかりに執着をしてきた。


しかし、神は既に総てのものを人類に与えているのである。


だから、総てをいただいていることに感謝することによって、その瞬間に幸せを感じることができるのである。』とある。


f:id:tamago0141:20170620181629j:plain


総てをいただいていることに感謝することによって、その瞬間に幸せを感じることができるのだね。


自分は自分で生きているという思いが強いと、そのような感謝をすることはできない。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、偽我の自分に振り回される生き方になってしまい、悩みや苦しみの多い人生となるね。


その生き方から抜け出すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。


やり続けることで、偽我の自分が薄れてくる。


さらに、今までの自分が無くなってしまうプロセスを経て、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくると、自分の内側のエネルギーが満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。


偽我の自分は、気分が浮き沈みが多く、自分自身や相手を裁きまくり、エネルギーを消耗していて辛い。


常に豊かな自分で在り続けることで、今、この瞬間、エネルギーに満ちているので、常に気分が良い状態で在り続ける。


今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

 

神のメッセージ



YSブログ研究会