思いを消すことで大調和の世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124『宇宙の法則が総てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。

 

人は、紛れもなくその中で生かされているのである。

 

それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を破壊したりするのだろうか。

 

それは、人々の思いという歪んだレンズが、光を遮っているからである。

 

人の思いが、神の光を屈折させているのである。

 

その歪んだ光が、不調和な現象になって現れるのである。

 

歪んだレンズをはずせば、神の光はそのまま現象に現われ、大調和の世界を作り出すのである。

 

そして、みな健康になり、平和になり、破壊された環境も再生されるのだ。

 

思いを消すことによって、神がそのまま現象に現われるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170702181815j:plain

 

宇宙の法則が総てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれていて、人は、紛れもなくその中で生かされているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分にインプットされたものや過去の記憶に囚われて、偽我の自分の思いを優先することで、不調和な世界を生きることになる。

 

目の前の現象に振り回されて、一瞬、一瞬の判断が不適切となり、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

偽我の自分で、偽我の自分の思いを何とかしよとしても、その思いは逆に強まり、その思いを無くすことはできない。

 

偽我の自分で偽我の自分を変えることはできないのに、偽我の自分にはまり込んでしまっているので、そのことを繰り返すことになってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

人の思いである歪んだレンズが外れることで、エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自分の内側から湧き上がってる消えない喜びで包まれ、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

YSブログ研究会