命のつながり、魂に焦点を当てる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁52『500年前のあなたの先祖のもので、今現在残っているものはあるだろうか。

 

商売を営んでいたとしても、その商品や店が、現在残っていることはないであろう。

 

商品や物は、移り変わる時代に伴って、その形はどんどん変わっていく。

 

物より長く続くものとして、理念や考え方や方針といったものがあるのであろうが、これもやはり、長い時の変遷のうちには、役に立たなくなり変わってくものである。

 

今現在、残っているのはただひとつ、それはあなた自身である。

 

あなたはまぎれもなく、何百年も何千年もかけてつながれてきた命、宇宙の叡智、魂を継承しているのである。

 

物も考え方も、この魂という船に乗っている。

 

魂という船の上に乗っているモノに焦点を当てても、船が転覆してしまえば、すべては放り出されてしまう。

 

しかし、船である魂という土台さえしっかりしていれば、物や考え方はいったんなくなったとしても、また生み出せるのである。

 

あなたが継承しているものは、物でも考え方でもなく、命のつながり、魂なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170912203026j:plain

 

何百年も何千年もかけてつながれてきた命、宇宙の叡智、魂を継承しているのだね。

 

本当に価値あるものは、絶えず変化してしまうものの中にはなく、常に変わらないものになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、欲望によって、自分の外側の絶えず変化してしまうものを追いかけることになる。

 

無常なるものに価値があると思い込んでしまって、その思い込みが外れない。

 

本当に価値あるものに気づくには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

その結果として、エネルギーの消耗が無くなり、心の奥底から豊かさを感じるようになる。

 

もともと豊かな自分に気づくことができると、自然に欲望は無くなる。

 

常にフラットな状態で、目の前の現象を捉えることで、物事の捉え方が素晴らしくなるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会