人間の最も奥深い部分

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁80に、『人間はみな等しく真我の存在である。

 

真我とは、宇宙意識、内在する神、全体意識、歓喜、あるいは愛と感謝の心、仏心などと表現できる。

 

真我は、人間のもっとも奥深い部分に内在するただひとつの実相であり、それより浅い部分に無限の意識次元が存在する。

 

あの人は意識が高い、この人は意識が低いという言い方をするが、意識が高くても低くても、その中間でも、人間は等しく真我なのである。

 

意識の高い人が優位で、低い人は劣るわけではない。

 

みな、過程なのだ。

 

今、どの意識次元で生きていても、それは一つの過程であり、変化していく可能性があるのである。

 

しかしながら、どの次元であっても、その奥にある普遍の真我が、我々の本体なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170413210033j:plain

 

意識の高い、低いに関わらず、人間の最も奥深い部分には、本当の自分(真我、満月、まんまる)が内在しているのだね。

 

肉体として、または相手と分離した個体として、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に向いていると、本当の自分(真我、満月、まんまる)には気づけないね。

 

偽我の自分であっても、そこそこ生活できていると、本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づくことなく、一生を終えてしまうかもしれないね。

 

そう考えると、偽我の自分で、今現在、とても苦しくて悩んでいるとしたら、本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づくチャンスと言えるね。

 

偽我の自分を捨てたいと言う勢いで、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

人間はみな等しく真我の存在であることは、真理であるから、必ず気づくことができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

心の門番を取り払う

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁78に、『なかなか恋人ができない、結婚ができないという人には、心の門番がいることが多い。

 

心の門番というのは、相手が現れても、この人は違うと追い払ってしまう、心の作用のことである。

 

例をあげると、以前交際していた人に騙されたり、裏切られたりしたことがあるとしたら、もう二度と同じ目には遭わないと、相手が現れてもバリアを張ってしまうということがある。

 

本当は、その人は以前の人とは違うはずなのに、心がそのように作用してしまうのである。

 

また、悪い経験ばかりが門番になるのではない。

 

以前交際していた恋人が、とても魅力的な人で、声や表情や立ち居振る舞いが素敵だったとしよう。

 

そうすると、次に現れた人を、無意識に、ここが違う、あそこがなっていないと、以前の恋人と比べてしまう場合がある。

 

このように、自分にとって良い出来事と思われることも、門番になってしまう可能性があるのである。

 

心の門番を取り払うには、真我で物事を見ていくことだ。

 

真我で見ると、過去の出来事に振り回されることなく、今、最も善き判断が、瞬時にできるようになるのである。』とある。

 

 f:id:tamago0141:20170412210040j:plain

 

心の門番は、過去の出来事の囚われだね。

 

その囚われには、自分でも分からない遺伝子に記憶されている出来事もあったりするから大変だね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けていると、心の門番を強化することになる。

 

そうではなくて、心の門番を取り払うには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

事象の心の反応で学ぶ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁76に、『私たちは物事が起こると、それに一喜一憂する。


感情や価値観に振り回されて、これは良いこと、これは悪いことと受け止めてしまう。


しかし、本来、その事象には良いも悪いもない。


良いと判断する土壌があなたの中にあるから、良いこととなり、逆に悪いと判断する土壌があるから、悪いこととなるのである。


起きている事象そのものには、本来、意味はないのだ。


そのような結果になる原因があったから、その事象が起きているだけである。


その結果がどうであれ、それらはすべて学びであり成功である。


失敗、成功と捉えるものも、ひとつの捉え方に過ぎない。


たとえば、失敗と思ったことから学んだものはすべて成功になるではないか。


やったことはすべて成功なのである。』とある。


f:id:tamago0141:20160710060029j:plain


事象そのものには、良いも悪いもないのだね。


それにも関わらず、その事象に一喜一憂してしまうのは、どうしてなのだろうか?


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、心を自分だと思っているからだね。


しかし、心は本当の自分ではなく、本当の自分(真我、満月、まんまる)は、誰もに内在する究極の全体意識になる。


事象に対して、心の反応を見つめることで、自分の内側を把握していく。


どんな事象であっても、すべてが自分を知っていく学びになるね。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

すべてが成長のチャンス

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁74に、『人は誰しも、自分の成長を望んでいる。


成長とは、教えや考えという知識を増やすことではない。


本当の成長とは魂の成長のことを言う。


一枚一枚、薄皮を剥ぐように、昨日まで自分ができなかったことを、今日はできるようになることである。


人は、自分自身が限界を作っているのである。


仕事に喩えて言うと、上司にはこんなことを言っても通じないだろう、あのお客様はこの商品を必要としていないだろう、クレームのお客様はもう買ってくれないだろうなど、自分の経験や思い込みで枠を決めてしまうのである。


その枠を超えていくことが自分の成長である。


上司やお客様について、相手が悪いと言っていたら、あなたの人生は他人に委ねているということになる。


自分の人生は自分で決めてよいのである。


今日までここまでできたのだから、明日はもっとそれ以上のことができる。


自分の周りに起こることは、すべてがチャンスなのである。』とある。


f:id:tamago0141:20161015064702j:plain


本当の成長とは、知識を増やすことではなく、自分の経験や思い込みで決めた枠を超えていくことなのだね。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その枠を強化することになり、成長ができていないことになる。


本当の成長をするためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。


そうすることで、昨日まで自分ができなかったことが、今日はできるようになることができ、自分の周りに起こることは、すべてがチャンスと捉えることができるのだね。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

満月の法則

全体と個の融合

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁72に、『あなたの人生そのものも、全体と個の融合である。

 

人生の中に、仕事があり、家庭生活があり、地域生活がある。

 

ここで、仕事は仕事、家庭は家庭と切り離して考えてしまうと不調和が発生する。

 

仕事だけに精を出してお金が溜まったとしても、家庭での人間家系が悪かったり、健康を害してしまったりしたら、それで人生は満足であろうか。

 

死ぬときは、お金も土地も財産も家族も、すべてを置いていかなければならない。

 

であるならば、死ぬときに、自分がどのような人生であるのが良かったのかという、死から生を見てそれに従うことが幸せに通ずる道なのである。

 

生まれてから死ぬまでのあなたの人生を全体としたときに、仕事はどのようにしたらよいか、お客様とはどうように接したらよいかがおのずと見えてくるのである。

 

あなたの人生という全体と、人生の側面である個を融合していくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170409154154j:plain

 

仕事、家庭生活、地域生活などと、切り離して考えてしまうのは、人間の頭で考えた分類であって、宇宙からしたら、そのような分類は無いのだね。

 

人間の頭で考えると、物事を細分化して、切り離して発想するから不調和になる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けていて、個体意識から発想してしまうからだね。

 

そのため、不調和にどんどん突き進んでしまう。

 

行き過ぎると、大きな苦しみや悩みが生じるね。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向けて、そこからの発想で行動すれば良いね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

分離が悩みや苦しみを生む

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁70に、『私たちは、親と子、夫と妻、あなたと私というように、分離して考える。

 

しかし、本当は、もともとひとつなのである。分離して考えると、そこには損得の意識や、優越の意識が芽生えてしまい、そこから悩みや苦しみが発生してしまうことになる。

 

子は親から生まれて、親の遺伝子を明らかに引き継いでいるわけだから、遺伝子のつながりとしてひとつともいえる。

 

命のバトンを引き継いで、一本の線の上を走者を変えて走っているのである。

 

夫と妻は、先祖の魂を後世につなぐ伝達者であり、延いては人類の命をつないでいくための役割を担っている。

 

あなたも私も、そのように同じ背景を与えられて、この世に生まれてきて、また役目を果たしていくのである。

 

そのように命という観点を当てると、全体と個の融合が私たちの生きる指針であることに至る。

 

分離しいているように見える個は全体の一部であり、全体はその意識を個という役割によって成り立たせているのである。

 

個の意識が分離に向けば全体は不調和になり、逆に融合に向けば自然に調和が訪れる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170408221108j:plain

 

個体から発想し個体に意識が向いていると、分離となり不調和だね。自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向けられ、「自分、自分、自分・・・」で発想し行動していると、宇宙から悩みや苦しみのメッセージが来る。

 

それは、不調和になっていることを気づかせてくれる有難いメッセージだね。

 

有難いメッセージなので、素直に対応すれば良い。誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向けることだね。

 

この本当の自分は、佐藤学長の「ダイヤモンド・セルフ」の130頁とヨグマタジの「瞑想のすすめ」の125頁の合わせて255頁を読めば、とても効率よく理解できるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

ダイヤモンド・セルフ ―本当の自分の見つけ方―

心を空っぽにすれば、人生はうまくいく 瞑想のすすめ

根幹的な命の部分での使命

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁68に、『使命というと、社会的な職業に結び付けて考えてしまいがちであるが、ここでいう使命とは、もっと根幹的な命の部分での使命である。

 

両親がいて、その上にまたそれぞれの両親がいて、その上にまた両親がいてとたどっていくと、人類創生にまで至って自分の命がここにあるということに、今更ながら気づく。

 

その命という観点から、自分が今ここに在るということを見ると、使命というのは、単なる職業や立場を超えたところにあるということを発見できる。

 

個人として、日本人として、男あるいは女として、人間として、地球人としてと、視野を広げてより深い考えをすると、あなたという命の使命は、あらゆる次元に存在することがわかる。

 

そして、自分という個が全体であるということにも気づくのである。』とある。

 

 f:id:tamago0141:20170407205559j:plain

 

使命とは?から、どのように発想するかで、どのような意識であるかが把握できるね。

 

自分が自分だと思い込んでしまって自分(偽我)に意識が向いていると、個体意識からの発想であり、根幹的な命の部分での使命を捉えることは難しい。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、視野が広がり、より深い考えができるようになるね。

 

横の法則、縦の法則で言うと、

 

横の法則 : 心の世界(想念である)

 

縦の法則 : 心を超えた世界(想念ではない)

 

なので、使命とは?から、社会状況によって、変化するものが出てきたら横の法則になり、変化しないものが出てきたら縦の法則になる。

 

心の喜びで、自分の使命は〇〇〇だと思い込んでしまったりすると、上手くいかないのだね。

 

心が嬉しい!、悲しい!とか、心が揺れ動きながら生きていることは、横の法則にどっぷり浸かっていることになる。

 

心がプラスでもなく、マイナスでもなく、ニュートラルになった時に、意識次元が上昇し、心を超えていくことができるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会