限界と思う時が出発

心の学校 佐藤学長の「天運を拓く」の頁87と頁88に、『・・・ボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンで、モハメド・アリという人がいます。・・・

 

「私は走る、走って走り抜く。

 

そして、私はいつか疲れて倒れる。

 

それでも私は起きあがって走る。

 

そしてまた走る。

 

また倒れる。

 

また起きて走る。

 

しまいに私の足は感覚がなくなり、心臓が高鳴り、まさに気絶しそうになる。

 

そして、最後に私の足はぴくりとも動かなくなる。

 

さあ、これから私の本当の練習が始まるのだ。」

 

世界のナンバー・ワンになる人は、普通の人が限界と思う時が出発なのです。・・・

 

人間の潜在能力は、自分が思っているよりも、はるかに多く眠っているのです。

 

ですから、自分にはまだまだ力があるのだと、自分で自分の力を認め、引き出していくことによって、本来備わっている総ての力を百パーセント使うことができるようになるのです。・・・』とある。

 

20年前に、この本を読んだ時は、全く理解できていなかった。

 

そうとう数多く、繰り返し読んでいたと思うけど・・・

 

世界のナンバー・ワンになる人は、凄い努力しているので、もっと頑張らなければいけないと捉えていたね。

 

そんなことではないんだね。

 

発想するベースを切り替えないといけないと言うことだね。

 

個体意識からの発想では、物事を固定化して捉えてしまう。

 

自分の能力は、まあこんなもんだろうと固定化してしまう。

 

全体意識からの発想に切り替えることで、自分の能力に対して、「無限」を認めることができるんだね。

 

だから、普通の人が限界と思う時が出発と捉えることができる。

 

クリックで応援してね・・・

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

天運を拓く―真我に目覚める。遺伝子をONにする二日で自分を変える魂の成功哲学

YSブログ研究会