苦しみも必要なこと

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁64に、『蓮は、泥沼の中に花を咲かせる。泥沼の中に咲くからこそ、蓮の花はきれいに見えるのである。

 

人は、世俗の苦しみの中で生きている。

 

しかし、その中にこそ、本当に悟れるチャンスがあるのだ。

 

泥沼があったからこそ、蓮の花が大きく咲くことができたと捉えると、泥沼さえも肯定することができるのだ。

 

泥沼も、蓮の花が咲くのに必要だったのである。

 

世俗の苦しみは、決して悪いことではないのだ。

 

苦しみや悩みがあったからこそ、悟りを得ることができたとすれば、その苦しみも必要なことだったと捉えることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170602222336j:plain

 

人は、世俗の苦しみの中で生きているが、その中にこそ、本当に悟れるチャンスがあるのだね。

 

最近、瞑想をしていても、意識が深く入ることが少ないなと思っていて、以前やっていたことを思い出した。

 

それは、意識を頭の中に向けて、その頭の中で、向けた意識のポイントを微妙に動かすことだ。

 

さらに、唾液の分泌量が増えるポイントを探す要領で、ポイントを微妙に動かし、唾液の分泌量が増した時に、瞑想が起きる。

 

自分にとっては、とても再現性があり、目を開いていて何をやっていても行うことができ、すぐに瞑想が起きるので、これを今日から続けていこうと思う。

 

瞑想が起きるとは、意識が深く入り、深い静寂が起きることだね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

YSブログ研究会