知識の真理は真理ではない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁122『真理の受け止め方の三つ目は、自分の知識の中に真理という知識を入れてしまうパターンである。

 

真理という知識が増えたのである。

 

自分の考えや知識のバリエーションの中に、真理を、ひとつの考え方として置いてしまうのだ。

 

「人間はみな真我である」、「真我とは究極の愛そのものである」ということを、自分の知識のひとつとして入れてしまう、いわゆる、学びとしてしまうのである。

 

人の脳で捉えた、知識としての「究極の愛」であるから、当然、これは真理とは違うものである。

 

100人いたら、100人の「究極の愛」があることになる。

 

真理は、誰にとっても、何にとっても、普遍のものであるから、知識の真理は真理ではない。

 

f:id:tamago0141:20171017202837j:plain

 

「人間はみな真我である」、「真我とは究極の愛そのものである」ということを、自分の知識のひとつとして入れてしまう学びは、真理ではないのだね。

 

「人間はみな真我である」と言うことを知識として捉えてしまうと、その状態で意識は高まらず留まってしまう。

 

真理とは、頭で理解して分かったとか、分からないというものではなく、そうとしか思えなくなるまで、意識を高め続けていくものなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、肉体と言う限定された枠に意識を閉じ込め、そこからの限定された発想することになる。

 

これが個体意識であり、この枠を外していくことで、意識を高めていく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、今まで価値があると思い込んでいたものが外れていくと、今まで何のために頑張っていたのかと、空しくなったりしても、さらに真我の自分に意識を向け続けることで、豊かな自分に気づいていく。

 

常に豊かな自分で在り続けることで、今、この瞬間が喜びで溢れることになる。

 

人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会