暗闇が一瞬の内に明かりに変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁70『ここに、一億年前からの暗闇があったとする。

 

また、こちらに昨日からの暗闇があったとする。

 

同時に上から光を当てたら、どうなるだろうか。

 

両方とも、一瞬の内に明るくなるはずだ。

 

暗闇は業(カルマ)であり、光は神の愛である。

 

たとえ、あなたが先祖代々からの業や前世からの業を背負っていたとしても、神という光の前では、一瞬の内に明かりに変わってしまうのだ。

 

あなたが神の愛を自覚した瞬間、総ての業は消えてなくなるのである。

 

どれだけ深い業を抱えていたとしても、神の光はあなたの業を消してしまうのだ。神は全知全能なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170605195418j:plain

 

先祖代々からの業や前世からの業を背負っていたとしても、神という光の前では、一瞬の内に明かりに変わってしまうのだね。

 

偽我で偽我は変えられないのに、それをやり続けてしまうことで、ますます不調和となってしまう。

 

偽我の欲望を最優先にして、仮にその欲望が叶えられても、バランスを崩しているので、その後に酷いことになってしまう。

 

そうならないためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのでなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想を強めるのではなく、それらを静めることで、心の中を空っぽにしていく。

 

心の中が澄み切ってくると、エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーに満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会