常に自分自身が調和している

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁58に、『無敵というのは、力が強かったり、経済的に成功していることを言うのではない。

 

無敵というのは、自分を含めたすべての人を無条件に愛し感謝することである。

 

相手からもらうのではなく、自分が相手に与えることである。

 

自分のためだけに仕事をしたり、人とつき合ったら、相手とぶつかる。

 

相手が自分の思い通りにならないからといって、そこで力でねじ伏せようとしても相手は反発を持つだけである。

 

一時的に従ったとしても、心の中では恨んでいることもあるだろう。

 

無敵というのは相手を倒すことではない。

 

競争して勝つことではない。

 

相手より優れていることでもない。

 

無敵というのは、どこに行っても、あなたが愛され、歓迎され、調和することである。

 

あなたが相手に与えることである。あなたの中から愛と感謝がでてきたときに無敵になる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170916072816j:plain

 

無敵というのは、どこに行っても、あなたが愛され、歓迎され、調和することなのだね。

 

そのためには、常に自分自身が調和している状態であり続けることだと思う。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、インプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われ、良い悪いの判断により、裁き続けることになる。自分を裁いて責めている状態は不調和だね。

 

当然、その状態では、周りとも調和することが困難になる。

 

常に自分自身が調和している状態になるためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分である真我の自分に意識を向けることになるね。

 

そうし続けることで、個体からの発想が全体からの発想へと変化していく。

 

今まで見えていなかったことが見えてきて、目の前の現象に対して、適切に対応できるようになっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会