人間に一から作れるものは無い

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁28『宇宙意志を「第一念」とすると、人間の想念は「第二念」である。

 

人間はいろいろなものを創造する。

 

電気を発明し、自動車を作り、飛行機を作り出した。

 

総て、人間の心が創造したのである。

 

しかし、本当に人間が飛行機を一から作れるのだろうか。

 

材料のアルミニウムは人間が作ったのだろうか。

 

燃料に使うガソリンは人間が作ったのだろうか。

 

そして、そもそも人間自体は人間が作ったのだろうか。

 

そのように考えると、人間には、一から作れるものなど一つないのだ。

 

総ては、第一念である宇宙意志が作ったものなのだ。

 

だから、第一念に合わせて生きていくことを忘れてはならないのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170515203506j:plain

 

総ては、第一念である宇宙意志が作ったものだのだから、第一念に合わせて生きていくことが大切なのだね。

 

そうだとすると、人間の感覚器官という限定されたもので認識している世界が、絶対的なものではないのだと思えてくる。

 

人間においても、意識して動かすことができることと、無意識に動かされていることを比較することで、圧倒的に無意識に動かされていることが多いことに気づくと、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされる存在なのだと思えてくる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、宇宙に生かされる生命エネルギーを感じられるようになってくる。

 

その生命エネルギーが満ちてくることで、第二念からの発想ではなく、第一念からの発想になり、物事を捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会