脱マインドコントロール

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46『心の世界を学ぶ人の中には、心をコントロールされてしまう人がいる。

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことである。

 

そして、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態である。

 

その結果、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのである。

 

これに対して真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心である。

 

あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能である。

 

親は子どもを可愛がるのは、宇宙の本能なのである。

 

真我の心を出していくことと、マインドコントロールされることとは、まったく正反対なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170524192342j:plain

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことで、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態であるのだね。

 

一人の教祖的な人物からでなくても、誰もが常識というものでは、マインドコントロールされているとも言える。

 

真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心で、あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能であるのなら、その常識にも囚われないことだね。

 

マインドコントロールは、マインドを使うからマインドをコントロールされるのだけれども、マインドを使わなければコントロールされない。

 

例えば、成功哲学などマインドを使って能力開発するものは、背後には人の思いや意志があり、結局マインドコントロールするためのツールなのだね。

 

世の中には妄想などマインドを使って幸せになろうとするものが多くあるけれど、残念ながらマインドを使っている限りは、本当の幸せにはなれない。

 

マインドを使わないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、マインドを使わないことの素晴らしさに気づくことができるね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会