ユートピア行きの電車に乗り換える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁68『もしも、あなたが、地獄に向かう電車に乗っていたとしたら、早く走れば走るほど、早く地獄に辿り着いてしまう。

 

ところが、ほとんどの人は、自分がどこに向かっているかわからないと、さらにがんばって電車を加速させてしまうのである。

 

では、自分が乗っている電車が地獄行きだとわかったら、どうしたらいいか。

 

それは、一回、乗っている電車を降りることだ。

 

そして、ユートピア行きの電車を探して、その電車に乗り換えることだ。

 

地獄行きの電車に乗ることは、エゴの道を進むことである。

 

ユートピア行きの電車に乗ることは、真我の愛の道を進むことである。

 

早く自分の乗っている電車がどちらに向かっているかを確かめ、もし、地獄行きの電車に乗っていたら、一刻も早く、ユートピア行きの電車に乗り換えることだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170604163756j:plain

 

地獄行きの電車に乗ることは、エゴの道を進むことで、ユートピア行きの電車に乗ることは、真我の愛の道を進むことなのだね。

 

地獄行きの電車 : 個体意識

 

ユートピア行きの電車 : 全体意識

 

自分は自分で生きているという思いが強いと、個体意識からの発想になっていて、エゴの道を進んでいる。

 

宇宙からすると、どんどん不調和になっていくので、悩みや苦しみの多い人生となってしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)が満たされていないので、それを解消するために、偽我の自分の外側に、いろいろなものを求め続ける。

 

仮に思い通りに得られても、それは束の間の喜びでしかなく、また求め続けることになる。

 

そのため、どうしても個体意識からの発想となってしまい、そこから抜け出すことができないのだね。

 

今、この瞬間、自分が満たされていれば、自分の外側への自分を満たすための小さな欲望は生じない。

 

もともと豊かな満たされている自分なのに、満たされていないと感じてしまうのは、心の中の想念や妄想によって、宇宙からいただいている生命エネルギーを浪費しているからになる。

 

肉体を動かしていなくても、気を使いすぎて、非常に疲れてしまうのは、生命エネルギーの浪費によるものだね。

 

心の中の想念や妄想を静めることで、宇宙からいただいている生命エネルギーを感じ、豊かな自分でいることができる。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会