過去にも未来にも捉われない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁40『私たちは頭で考えて、言葉を使い、行動する。

 

頭で考える世界は、その人の価値観の世界であって、人それぞれ違う。

 

自分の損得勘定や、過去の出来事の影響、あるいは学習してきたことなどが、自分の行動につながる。

 

そしてそれは、こうなったらよいというように自分に都合のよい結果を求めてしまって、その結果が自分の思いと違うと落胆したり、その出来事を未来にまでひきずることにもなる。

 

たとえば、自社の利益だけを考えてシナリオを作って行動しても、顧客とトラブルになりかねない。

 

一方が良くても、一方は良くない不調和の世界である。

 

考えて誘導すると、このようなことが起こる可能性が高い。

 

では、真我の世界はどのようになるかというと、結果が先なのである。

 

真我の発想は、このような場合はこれという決まった答えはない。

 

その瞬間に、過去にも未来にも捉われない、最適な方法が出てくるのである。

 

自社の利益も確保しつつ、最大限、今目の前にいる顧客の利益にも貢献するという知恵やアイデアや言葉が、その時に出てくるのである。

 

それは、あらかじめ用意したものでは間に合わない。

 

今、その瞬間に最適なものが現れる。

 

そして、その結果の意味は後からわかってくる。

 

これで良かった、これはこういう意味だったのだと、頭で理解できるのである。

 

自分も相手も生かすことのできる、大調和のまったく新しい世界なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170906193348j:plain

 

真我の発想は、このような場合はこれという決まった答えはなく、その瞬間に、過去にも未来にも捉われない、最適な方法が出てくるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、インプットされている基準(価値観、固定観念、先入観、思い込み、拘りなど)に基づき発想するので、目の前の現象に対して、偏った捉え方をしてしまい、上手くいかなくなる。

 

悩みや苦しみの多い日々を送ることになる。

 

「こうすべきだ。」「ああしなければない。」などに囚われ、自分を責めたり、相手を責めたりすることに繋がり、非常にエネルギーを消耗するので、ますます視野が狭くなって、どんどんズレて行ってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでいく。

 

そうなると、心の動きが見えてきて、目の前の現象に心のが勝手に反応していることが分かってくる。

 

本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、その反応が無くなってくると、自分の内側がエネルギーに満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在ることで、フラットな状態で目の前の現象を捉えることができるので、今、この瞬間に最適な判断ができ、上手くいくことになるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会