宇宙の法則が全てを動かす

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124に、『宇宙の法則が全てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。

 

人は、紛れもなくその中で生かされているのである。

 

それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を破壊したりするのだろうか。

 

それは、人々の思いという歪んだレンズが、光を遮っているからである。

 

人の思いが神の光を屈折させているのである。

 

その歪んだ光が、不調和な現象になって現われるのである。歪んだレンズをはずせば、神の光はそのまま現象に現われ、大調和の世界を作り出すのである。

 

そして、みな健康になり、平和になり、破壊された環境も再生されるのだ。

 

思いを消すことによって、神がそのまま現象に現われるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170702181815j:plain

 

人の思いが神の光を屈折させて、その歪んだ光が、不調和な現象になって現われるのだね。

 

心の中が想念や妄想で混乱した状態だと、その歪んだ光によって、肉体を支えるエネルギーの流れのバランスが崩れる。

 

長い年月、その状態が続くと、肉体が歪み病気になる。

 

このことは、瞑想を継続することで気づくことができるね。

 

心の中が混乱 ⇒ 肉体の均衡が崩れる ⇒ 病気、頭でっかちで頑固

 

心の中が静寂 ⇒ 肉体の均衡を保つ  ⇒ 健康、気づきが多く柔軟

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識を向けてると、心の中の混乱は静まらない。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の混乱が静まっていく。

 

しかし、心の中の混乱を静めようと思ってやると、その混乱にエネルギーを注ぐことになり、混乱が膨らんでしまう。

 

ただただ、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、後は宇宙の法則におまかせという感じで、これだけやれば効果がるはずだと言う見返りを求めない。

 

やり続けることで、心の中が静まり、静寂が訪れると・・・。

 

いかにマインドを働かさず生きることが素晴らしいかに気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

 

YSブログ研究会