究極の自立へと促していく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁110に、『心という見えないのものを扱う人や団体は、見えないゆえに見分けがつきにくい。

 

では、どうやって見分けたらいいのか?

 

ニセモノは、「ここに来ないと救われませんよ」といって脅しの要素を含ませて人を集め、そこに頼らなくては何も出来ないような依存性が増し、結果的にその団体だけが繁栄するところである。

 

ホンモノは、一人一人が、本当の自分(=真我・=神)に目覚めるようにもっていき、結果、その人の足元(家庭や仕事)がどんどん繁栄していくという、究極の自立へと促していくところである。

 

もし、ある特定のところを繁栄させるというエゴ的な目的があったら「全ての人が全知全能の神である」という事実に目覚めてもらうのは、その団体や個人にとって都合が悪いのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170817221608j:plain

 

ホンモノは、一人一人が、本当の自分(=真我・=神)に目覚めるようにもっていき、結果、その人の足元(家庭や仕事)がどんどん繁栄していくという、究極の自立へと促していくところなのだね。

 

本当の自分(真我)は、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体ではない。

 

偽我の自分に意識が向いていると、どうしても偽我の自分ベースの発想、個体意識からの発想となってしまい、宇宙からすると不調和な生き方になってしまう。

 

その不調和が、悩みや苦しみを生み出すのだね。自分は自分で生きているのだとの思いが強く、その偽我の自分を何とかしようと頑張ってしまうと、ますます不調和になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分ではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

本当の自分(真我)は、誰もに内在する究極の全体意識であり、そこに気づいていく。

 

誰もが生きているのなら、真我からのエネルギーで、生かされているのだから、そこに意識を向け続けることで、その真実に気づくことができるね。

 

自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

頭で思い描いた生き方ではなく、自分の内側からの湧き上がるエネルギーが高まる生き方をすることで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会