愛のフィルターで価値判断を下す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁32『人は、他人の悪い噂を聞くと、その人のことを悪い人だと思ってしまう。

 

噂話や評判をフィルターにして、人を判断してしまうだ。かけるフィルターによって、ものの見方が変わるのである。

 

もし、フィルターが明るく輝いたものになれば、ものごとを明るく捉えることができ、人生は明るくなるのだ。

 

ほとんどの場合、自らの先入観や観念、そして業というフィルターが邪魔をして、ものごとを歪んで映し出しているのだ。

 

それが、人生を狂わせているのである。

 

フィルターを磨いて透明にすることだ。

 

透明なフィルターは、愛のフィルターだ。

 

愛のフィルターを通して、価値判断を下すことが大切なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170517211038j:plain

 

自らの先入観や観念、そして業というフィルターが邪魔をして、ものごとを歪んで映し出していて、それが、人生を狂わせているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭と業のフィルターを使うことになる。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、透明なフィルターによって物事を捉える。

 

目の前の現象に反応しにくくなり、心の中の想念や妄想による混乱が静まってくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

 

 

 

YSブログ研究会