視覚だけでなく聴覚についても

自分は自分で生きているのだという思いが強いのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているからになる。

 

物質に過度に意識が向いてしまうと、意識次元が高まらず、低いままで留まってしまう。

 

物質という、いつかは無くなってしまう無常なるものに価値があるとの思い込みが外れず、物質に執着してしまう。

 

エネルギーが低い状態で、満足することは物資をかき集めることなのだとして、いくら物質をかき集めても、エネルギーが高まらないので、束の間の感覚的な喜びだけで、本当には満足できないのだね。

 

エネルギーを高めて、本当に満足するには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなると、自分の内側のエネルギーが満ちてくる。

 

そして、そのエネルギーの流れであるナーダ音が聴こえてくる。

 

エネルギーが高まってくると、ナーダ音がとてもクリアに大きく聴こえるようになる。

 

YouTubeとかの動画を観ていても、ナーダ音は聴こえるようになっている。

 

体の中を流れるエネルギーを感じるだけでなく、聴覚によるナーダ音よってもエネルギーの流れが認識できると、自分は自分で生きているのではなく、このエネルギーによって、宇宙に生かしていただいている存在なのだと思えてくる。

 

エネルギーが高まると、本当の満足が得られるので、自然にエネルギーが高まる動きに導かれることによって、上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会