意識を高める精読:頁64〜65

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁64〜65に、『常に気づきをもって、ニュートラル(中立)なポジションに身を置いて行動していく冷静さが必要です。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているとの思いが強くなっていて、目の前の現象に振り回されることになる。

 

「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので自分を自分で縛ってしまい、目の前の現象に対応するので上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

その混乱が静まることで、心の動きが分かるようになって、目の前の現象に反応して湧き上がってくる思いを俯瞰して見続けることができ、その思いを流していくことで、その思いが消える。

 

目の前の現象に振り回されることなく、ニュートラルな状態で在り続けることで、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

YSブログ研究会