人生が全く違うものになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁62『私たちの真の実在は、生れてくることも無く、死ぬことも無い、永遠の命である。

 

それは魂であり、「神の命」といいってもいい、「永遠の命」のことである。

 

それに対して、普通私たちが自分と捉えているこのこの肉体の命は、生まれて、そしていつか死ぬ。

 

私たちはこの肉体の命の中で、様々な体験を通して真我に目覚めていくのである。

 

自分を肉体と捉えて命が有限であると思うか、自分を魂と捉えて命が永遠であると思うかによって、人生が全く違うものになるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170726182443j:plain

 

自分を肉体と捉えて命が有限であると思うか、自分を魂と捉えて命が永遠であると思うかによって、人生が全く違うものになるのだね。

 

思うだけなのだけれども、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、「偽我の自分」が巧妙にそのようには思わせないようにする。

 

「偽我の自分」の抵抗は物凄く強力だから、何とかしようとしても、結局、「偽我の自分」で生きることになってしまう。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、「偽我の自分」を手放し、「自分を魂と捉えて命が永遠である。」と本当に思える自分になっていく。

 

真理はとてもシンプルなのだけれども、そう思わせないのも、「偽我の自分」による抵抗なのだね。

 

お釈迦さまの言葉で、「自己に勝つ者こそ最高の勝利者である。」とあり、「偽我の自分」⇒「真我の自分」で生きることだと思うけど、それほど、「偽我の自分」による抵抗は強力になる。

 

つまり、 1日、24時間、常に「真我の自分」に意識を向け続けることができれば、最高の勝利者となり、人生が全く違うものになるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会