本当の成長とは魂の成長

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁74『人は誰しも、自分の成長を望んでいる。

 

成長とは、教えや考えという知識を増やすことではない。

 

本当の成長とは魂の成長のことを言う。

 

一枚一枚、薄皮を剥ぐように、昨日まで自分ができなかったことを、今日はできるようになることである。

 

人は、自分自身が限界を作っているのである。

 

仕事に喩えて言うと、上司にはこんなことを言っても通じないだろう、あのお客様はこの商品を必要としていないだろう、クレームのお客様はもう買ってくれないだろうなど、自分の経験や思い込みで枠を決めてしまうのである。

 

その枠を超えていくことが自分の成長である。

 

上司やお客様について、相手が悪いと言っていたら、あなたの人生は他人に委ねているということになる。

 

自分の人生は自分で決めてよいのである。

 

今日までここまでできたのだから、明日はもっとそれ以上のことができる。

 

自分の周りに起こることは、すべてがチャンスなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170923182916j:plain

 

自分の経験や思い込みで枠を決めてしまうのだが、その枠を超えていくことが自分の成長なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているという思いが強く、自我による発想を超えることができない。

 

それを超えるには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中がどんどん澄んでいく。

 

心の中が澄み切ってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

想念や妄想を強めることは、偽我の強化であって、不調和を推し進めることだと分かってくる。

 

豊かな自分で在り続けることで、軽やかに生きることができるようになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会