マインドが外れて楽になる

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁146に、『あなたの前にはいろいろな人がいて、さまざまなことが起きてきます。

 

それはすべて学びなのですから、たとえどんなに辛く感じられても、どんなに苦しく思えても、あるいは理不尽に思えても、「ありがたいなあ」と思うのがよいのです。

 

「何ももらえなくて、ありがたい」とか「お金を出させていただいて、ありがとう」と感謝するとよいのです。

 

そうした考え方は、世の中の価値観とは異なりますが、あなたが宇宙的な価値観で、そういうふうに思えるようになると、マインドが外れて楽になります。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

自分の囚われてた基準(価値観、先入観、思い込み、拘りなど)通りに物事が運ぶと喜び、その逆だと悲しむような生き方だと、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自然に視野が広がり、物事がより全体から捉えることができるようになって、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

YSブログ研究会