宇宙の源に何があるのかを知る

ヨグマタ 相川圭子 著 ヒマラヤ大聖者 愛の般若心経 頁31~32に、『人はある対象について、何か知りたいときには、それを体験するといちばんよくわかります。

 

ヒマラヤ秘教は内なる科学であり、生命の科学を体験するということです。

 

ヒマラヤ秘教はある意味で、未踏の地の宝探しと同じです。

 

宝が未踏の地にあるとの噂を聞いて、それを探し出すために、危険な場所を乗り越え、命をかけて向かうこともあるでしょう。

 

また外から対象を知っていくのが一般の科学であり、外から細かくわけて情報を集め、そして分析していきます。

 

科学はそのようにして、対象について知っていきます。

 

人類は遠いところのことを知ろうとして、性能の高い望遠鏡を作りました。

 

また極小なものを見ようとして、高性能の顕微鏡を作ったのです。

 

このように人類は、多くの労力を注いで、さまざまな対象のことを、いろいろと知ってきました。

 

しかし人類は、究極の存在については、いまだわからないのです。

 

ヒマラヤの聖者は、宇宙の源に何があるのか、そのことを知るために、すでに五〇〇〇年以上も昔に、自分の根源にそのベクトルを向けたのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたもに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。何事にも上手くいかず、悩みや苦しみ多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 https://www.youtube.com/watch?v=0W99dYPOfnQ&t=145s 

https://www.youtube.com/watch?v=1mJNZaEmLYI&t=2s

https://www.youtube.com/watch?v=y1ZZg65tHsU

https://www.youtube.com/watch?v=x_hUbYv3wHg

ヒマラヤ大聖者 愛の般若心経 ―生き方が変わる「空」と「悟り」の秘密
 

 

 

YSブログ研究会